水分補給 健康 効果

水分補給が体内を清浄にし、健康効果をもたらす。

 

現代の人々は健康への意識が高いわりに、水分補給についてはおざなりになっています。

 

部活動での水分補給を禁止し、その結果ある生徒が熱中症になり重度の障害を負ったような悲劇が未だにあります。

 

これは教育方針の問題ではなく、水分補給という生命の根幹を成す部分を極端に軽視している人が多い結果でもあります。

 

人体の約7割は水で作られていて、水なしでは血液も唾液も胃液も作れないのです。

 

つまり、水分補給の重要性とは健康、いや命を支えるための重要な要因なのです。

 

水分補給のもたらす最大の効果

 

 

まず始めに水分補給が人体にもたらす最大の効果を書きます。

 

それは、「排泄作用を促す」ことです。

 

体内に水分が足りていないと、腸内の便に水分が行き渡らず便が硬くなります。

 

しかし、体内の水分量が多ければ便が柔らかくなります。

 

また、便の中の食物繊維が水分を吸収し便の体積が大きくなります。

 

そのため、便が腸内を刺激することになりますので、蠕動運動が活発になり排便がしやすくなります。

 

このように水分補給は体の素となるだけでなく、排泄機能をサポートしてくれるのです。

 

便秘の健康に及ぼす害悪

 

 

人の体を蒸気機関車に見立ててください。

 

蒸気機関車は石炭や薪を燃料にして動きます。

 

人体において燃料とは普段の食事です。

 

食事は胃で消化され腸に不要老廃物として溜まります。

 

それらは、蒸気機関車にとって燃え尽きた灰といえます。

 

蒸気機関車にとって灰が溜まれば溜まるほど、燃料が悪くなり車体に負担をあたえます。

 

それと同様、人体に老廃物を溜めることは体に大きな害を及ぼすことになります。

 

腐敗した便はは毒素となり血液に溶け込み、体中に毒をばら撒きます。

 

栄養学者のメチニコーフは「人間短命の素因は腸内の腐敗老廃物から生ずる毒素の自家中毒にある」と、説いています。

 

一度、自分が便秘だったときのことを思い出してください。

 

何か体が重い、アレルギー反応が出ている、頭痛がする、気分が悪い。

 

そういった経験を思い出すはずです。

 

つまり、水分補給をおざなりにすることはあらゆる病を引き寄せることになるのです。

 

効果的な水分補給の仕方

 

 

そこで効果的な水分補給の仕方を書いていきます。

 

飲料水の摂取量は一日1.5リットルが推奨されています。

 

もちろん、ジュースやアルコール飲料ではなくミネラルウォーターや浄水に限ります。

 

補給のタイミングは起床時、就寝前が効果的で他は小まめに少量を飲むのが最適です。

 

食事の30分前後は避けましょう、また間違っても一気飲みをするのは止めましょう。

 

最悪、水中毒を引き起こす場合がありますので要注意です。

 

まとめ

 

今の世の中便秘薬のCMが行われるくらい、排泄機能が弱っている人が多いのです。

 

そこで皆、便秘薬や食物繊維やエクササイズなどに手を出すのです。

 

しかし、自分たちの生活をもっとシンプルに考え、体が望むことに答えれば自然と病や便秘などは治るのです。

 

自分の体が一番貴重な情報を発していることに気付かなければいけません。

 

ガリガリは宿便を知ることで便秘改善しよう

 

この記事が参考になったら下のソーシャルボタンをポチってください。心からお願いします。orz


 このエントリーをはてなブックマークに追加 


当サイトによる情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当サイトは一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
page top