プロテイン マイプロテイン コスパ ガリガリ

ガリガリにおススメなプロテインはコスパ最高マイプロテイン

 

皆さんプロテインを買ったときはありますか?

 

僕が一番初めにプロテインを買ったのは大学生の時です。

 

筋トレをはじめようと思って、25kgのバーベルを買いました。

 

その時、筋トレするんだからついでにプロテインも買っておこうと、近くのスポーツショップで確かDNSの国産プロテインを買いました。

 

今考えると、「うわー、何も考えずにプロテインを買ってたなー」と思います。

 

なのでこの記事では、今僕が思う最高のプロテインを紹介していきます。

 

ガリガリがプロテインを避ける理由

 

 

まず、体を大きくする為にプロテインが効果的だということは、皆知っていると思います。

 

しかし、ガリガリの人特有のプロテインを摂る気になれない理由があると思います。

 

そこを解消しておかないと、プロテインを買う気になれないと思いますし、買っても効果は薄いと思います。

 

なので、1つずつ解消していきましょう。

 

1、プロテインを飲むと腹を壊す。

 

 

これはプロテインあるあるですが、ガリガリで胃腸の弱い人は特に要注意です。

 

僕自身、トイレの中で気を失いそうになるぐらい腹痛に苦しめられました。

 

まるで、腹の中でいがぐりが暴れているような痛みです。タワシでもいがぐりでもありません。

 

 

「バカ、それはタワシだろ?」って声が聞こえてきそうですが、商品名は「ナチュラルブラシ いがぐり君」です。

 

いがぐりを調べてたら皆ツッコミたくなるだろうなぁと思い、野党もビックリ強行採決です。

 

いがぐりなんか調べてないで、プロテインを調べろとお叱りを受けそうなので軌道修正します。

 

乳糖不耐症対策

 

はい、皆さんは乳糖不耐症という言葉をご存知ですか?

 

乳糖不耐症とは牛乳に含まれている糖質(乳糖)を分解するラクターゼという酵素を持っていない人が、乳製品を許容範囲以上に取摂ると消化不良を起こす症状です。

 

また、日本人ではなんと85%もの人がこの症状だそうです。

 

簡単にまとめると、日本人は乳製品でお腹を壊しやすい、ということです。

 

もちろん乳糖が含まれていないソイ(大豆)プロテインを摂ればこんな目に合いません。

 

しかし、これが(ソイ)がまた良くない。プロテインの種類の選び方は後で書きますので、まずは乳糖不耐症の解決策に入ります。

 

現在はこの乳糖不耐症に対する対策も採られていて、その名もWPI製法といいます。

 

WPI(ホエイプロテインアイソレート)製法はよりタンパク質の純度を高めて乳糖を除去してくれる製法です。

 

なので、プロテインを買うときはホエイアイソレートと書かれた商品を選びましょう。

 

 

プロテインは水で溶かす

 

先ほどの乳糖不耐症対策のもうひとつの手段として水でプロテインを溶かすことです。

 

プロテインは甘いものが多いので、水感覚で飲めたほうが長続きすると思います。

 

なので、プロテインは水で溶かしましょう

 

プロテインは高そうで手が出ない

 

 

上記のマイプロテイン製のホエイアイソレートは小売価格で1kg4,650円です。

 

1日に1回基準値25g飲むとして、1日あたりのコスパは116円です。

 

しかも、マイプロテインはしょっちゅうセールをしています。

 

ゾロ目の日は70%Off+追加で33%Offなどわけが分からなくなるセールをしています。

 

それ以外の日でも突発的にセールをしているので、セールを利用したマイプロテインより安くプロテインを買えるメーカーは他にないと思います。

 

 

ガリガリは運動をしない

 

 

お兄さん、お姉さんそれを言ったらお終いです。

 

もちろん運動しなかったら、プロテインなんて無用の長物です。

 

しかし、ガリガリを克服する為には心身ともに健康でなければいけません。

 

健康な生活の為にも運動をしましょう。

 

せっかく運動をするならギリシャ彫刻のようなかっこいい体になりたいじゃないですか。

 

ガリガリこそ運動です。ジムに行きづらい人用の記事もあるので参考にしてください。

 


(googleに表現の自由が通じるか分からないので、大事な部分は自主規制しました。)

 

プロテインの選び方

 

 

さあ、ここまできたらプロテインを買わない理由はなくなりました。プロテインの選び方に入ります。

 

まず第一条件として、ガリガリの人はホエイプロテインアイソレートを摂りましょう。

 

プロテインの種類を大枠で分けるとホエイ、カゼイン、ソイとなります。

 

消化吸収力はホエイ>カゼイン>ソイとなります。

 

ガリガリの人がソイプロテインを飲んだら一日中満腹感が続いてしまうので、太りたいガリガリの人ははホエイを選びましょう。

 

ソイプロテインは満腹感が続き食欲が出ないこともありますが、ただ単純にまずいです。(笑)

 

また、ホエイの中でもハードゲイナー(hard gainer 筋トレしても細い人)という太る人のために作られたプロテインもあります。

 

ただ、これはめちゃくちゃ甘いです。もちろん太る為にカロリーを多く含んでいるので当然ですが、飲む量(水か牛乳で700ml)も多いのです。

 

小分けにして飲むのもいいんですが、結構しんどいです。

 

気合のある方は試してください。

 

マイプロテインとは

 

 

マイプロテインとはイギリスを代表とするスポーツ栄養メーカーとして世界的に人気です。

 

すでに、ヨーロッパでは一番の支持を集め、日本でもマイプロテイン愛好家は多いです。

 

11年前から現在に至るまで、1週間おきに新商品を開発し、低価格・高品質・新技術の商品を市場に提供しています。

 

食品安全性においてもイギリスの消費者連盟から最上級Aグレード得ていて、安全性や成分に関しては信頼できます。

 

マイプロテインで購入に関して気をつけること

 

送料と関税、支払い情報に関して

 

 

海外からの取り寄せになるので、高い輸送費がかかるとと思う人もいるとは思います

 

ですが8,500円以上の購入で送料無料になるので安心してください。

 

しかし、、一つ条件があり16,666円以上買い物すると関税がかかりますし、衣料品購入金額に関わらず関税・消費税の対象になるので気をつけてください。

 

あと、現在(2018/6/7時点)でマイプロテインに支払い方法は、クレジットカード限定となっています。

 

以前は、コンビに払いもいけたんですが、今後どうなるかはわかりません。

 

三井住友VISAデビューカードでは若い方でもクレジットカードが作れ、お得なキャッシュバックもあるので要チェックです。

 

梱包に関して

 

マイプロテインの梱包に関するトラブルは一時期炎上していました。

 

 

ん〜、僕の注文した商品は問題なく届きました。(笑)

 

 

梱包に関しての商品のトラブルはツイッターで2.3件確認できました。

 

なので、絶対大丈夫とは言い切れないので、返品方法も確認しておきます。

 

 

おそらくこの番号はイギリスへの国際電話です。(笑)

 

英語がペラペラで電話代など気にしない人はかけてみてください。

 

それが厳しいなら、注文情報ページのお問い合わせボタンからメールフォムに飛びますので、そこでトラブル情報を送信できます。

 

言語も日本語で大丈夫だと思います。最悪、むこうがGoogle翻訳にでもかけるでしょうから。(笑)

 

まとめ

 

どうでしたでしょうか。

 

日本のフィットネス文化は海外と比べだいぶ遅れています。

 

そのことを考慮に入れると、おのずと海外製のプロテインが優れていることは誰しもが気付くところです。

 

その優れた海外製プロテインの中でもコスパ最強がマイプロテインです。

 

 

マイプロテインの公式サイトでこちらのコード「DCX6-R2」を使い購入すると500円分の無料特典をプレゼントされます。

 

ぜひ、活用してください。

 

この記事が参考になったら下のソーシャルボタンをポチってください。心からお願いします。orz


 このエントリーをはてなブックマークに追加 


当サイトによる情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当サイトは一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
page top